内部塗装の最後のコラムで、色見本帳のことをかきましたが
先日、東京デザイナーズウィークに行って、
東洋インキの「カラーファインダー」1050色をいただきました。
色見本帳としては結構老舗のようです。コラムに紹介できなくて残念です。
主に印刷やグラフィックの方が使用しているようで、建築ではどうだったんでしょう?
使われているようだったら、調査不足ですね。
d0184166_11585133.jpg


その他に、
CMF DESIGN LINK、feel good creation
が出していた、色見本は (eca effect color atlas)
色見本帳を印刷ではなく、塗装でつくっていて、塗装そのものがわかるようになっているものです。
建築というよりは、
家具などの微妙な色を決めるときに役立つでしょう。
これは、高価です。
工業デザインなどの大量製品などにも役立つでしょう。

by来馬輝順(建築工房 匠屋
# by kenzaiclub | 2011-11-05 12:06 | 15内部_塗装
現在工事中の住宅の3階ルーフバルコニー、30㎡ほどの緑化工事が終わりましたので、工事の様子などをお知らせします。

防水の終わったスラブの上に、透水通気板と呼ばれるプラスティックのネット上のものを2mピッチほどに敷くことから始まります。ここが人工土壌のミズ道となって、排水を良くするものです。
この建物の場合は防水は躯体防水(タケイ式)です。

d0184166_1737391.jpg



その上に透水通気シートと呼ばれるものを前面に敷きこみます。これが人工土壌の下地となって、木の根が防水を傷めないように防根シートの役割をしているものです。

d0184166_180659.jpg


さらにその上に、アクアソイルと呼ばれる人工土壌を入れて行きます。今回は25㎝ほどの厚さで入れました。普通の土の1/3ほどの重さで、建物への荷重による負担を少なくしています。とはいっても全体ではかなりの重さになるので、当然その分の荷重をあらかじめ構造計算に入れて設計をしています。

d0184166_1824021.jpg


水をたっぷり注いで、その上にシバを張ったり、木の苗を植えて完成です。

d0184166_17455460.jpg


by 小島建一(想設計工房)
# by kenzaiclub | 2011-10-28 17:53 | 9外部_緑化
ガーデン・エクステリアEXPO で見つけたもの
Takashoの
エコロブリック

木質の廃材を固めた床材、一般的には外部舗装用

浸透性や保水性、断熱性があり、置くという簡易な施工も可能だと思います・

屋上などにおいてもいいかも

d0184166_7555263.jpg


この写真では表面の様子はわかりませんが、細かな木材を固めた感じ

それがまたいい感じです。写真撮り忘れた・・・

By来馬輝順(建築工房 匠屋
# by kenzaiclub | 2011-10-26 07:56 | 8外部_外構
先日のエクステリア、ガーデンEXPO から
d0184166_10264460.jpg


コケで、屋上緑化!
砂苔で、以外と乾燥にも強いのですね。
かなり以前に開発の話を聞いていましたが、
着実に商品化されてきているんですね
展示は写真は
ヴァロール

その他にも、
モス山形
モスワールド
ECOTEM
などがあるようです。

by来馬輝順(建築工房 匠屋
# by kenzaiclub | 2011-10-20 10:28 | 9外部_緑化
先日、エクステリアEXPOに行ってきました。
面白い材料があったのでご報告を

ファイバーコート 東洋鋼鈑㈱です。

ガルバリウム鋼板等に静電植毛した高機能植毛鋼板です。
植毛にはナイロン66、水性接着剤。
一面は鉄板、一面は植毛されていて、
折板屋根材やダクト材などの結露防止、
内装建材、パネルヒーターの火傷防止、
など、いろいろと使われているようです。
実際植毛面に水のスプレーをかけると、表面が湿った感じになり
保水をしてくれます。
興味深い材料です。

㈱園田製作所というところが
屋外植栽コンテナーとして、商品化していました。

植栽用コンテナで、内側を植毛側にして、
保水のできる鋼板コンテナです。
いろいろ考えられそうですね。
BY来馬(建築工房 匠屋
# by kenzaiclub | 2011-10-18 16:52 | 25いろいろ
富沢建材と東京左官職連合会青年部平成会から、左官講習会のお誘いが来ました。
今回は左官のカリスマ久住有生氏の講習会だそうです。

興味をお持ちの方は是非ご参加を。

--------------------------------------------------------------------
漆喰・土壁 技術講習会
富沢建材株式会社

左官伝統工法、漆喰・土壁の素晴らしさを現代の建築に
取り入れる為のノウハウを学ぶ事を目的とした、純粋な
技術講習会を開催します。テーマは「次世代左官への提案」
講師に皆様ご存知の久住有生氏に登場して頂きます。
氏がこれまでに作り上げて来た伝統工法に裏付けられた
様々な魅力溢れる世界に皆様と対話形式で触れて頂きます。
若きカリスマのその話の奥深さとこれから目指すべき左官の
姿に感動すること間違い無しです。是非皆様にご参加頂き
ますようご案内申し上げます。


主 催 富沢建材株式会社
協 賛 東京都左官職組合連合会 青年部 平成会
日 時 平成23年10月2日(日) 9:30~16:00 雨天決行
会 場 富沢建材株式会社
http://www.tomizawakenzai.com

こちらのページをご参照ください。

〒164-0003東京都中野区東中野4-30-11
TEL 03 (3362) 7774

営団地下鉄東西線 落合駅2番出口 マクドナルド斜め前 ※駐車場は有りません

会 費 6.000円(講習費・昼食代) 先着150名
テーマ 「次世代左官への提案」 講師 久住有生氏

d0184166_11464840.jpg

by 大戸浩(建築計画網・大系舎)
コンクリートの中性化を10倍抑える塗料
が日経アーキテクチュア、20110825に載っていた。
東亞合成と竹中の共同開発とか、これ打放し用なんだろうか?
それとも、一般塗装径なのだろうか?
まだわからないが、どちらにしても
注目には値する。

打放し用とは記事には書いていないので一般塗料系なんだろうな・・・
販売されたら調べましょう。

by来馬輝順(建築工房匠屋
# by kenzaiclub | 2011-09-12 18:06 | 7外部_塗装
先日お知らせした、東京左官職組合連合会 平成会からイベントの案内が来ました。


大津磨きという技法の講習会だそうです。
設計者には、2日目の仕上げ工程のほうが面白いのではとのことです。


d0184166_14441187.jpg



興味をお持ちの方は、ぜひどうぞ!
耐震補強工事中の住宅で、屋根をガルバリューム鋼板で葺き直しています。
施工中の写真を撮ってきたので、アップします。
d0184166_184892.jpg

古いカラー鉄板瓦棒葺の屋根が、雨漏りを起こしていたことと、だいぶ錆が出ていたので、古い鉄板はそのままに、その上にもう一度野地板を貼って、ガルバリューム鋼板でタテハゼ葺にしたものです。

この道具を使ってガルバリューム鋼板を船形に加工します。
d0184166_1843795.jpg

船形の鋼板をお互いに嵌合して貼ってゆき、この道具で接合部をカシメます。
d0184166_1845420.jpg

さらにこの道具を使って、ハゼをつぶして完成です。
d0184166_1851710.jpg

最近は、この工程をほとんど電動の工具でやるそうですが、この現場は回りが狭く屋根の上に電動工具を運び上げられなかったために、このような道具で加工しているそうです。

板金工に限らず、職人さんたちはいろいろな工具を使っています。われわれも、設計するときに工具までイメージできるとより図面にリアリティーが出るような気がします。

by 小島建一(想設計工房
# by kenzaiclub | 2011-08-08 18:09 | 1外部_屋根
東京都左官職組合連合会に 青年部平成会という若い世代に属する左官職の会があります。その会長である原田宗亮氏と、先日お話しさせていただきました。

平成会については、内外装材活用シートの154ページで紹介させていただきましたが、設計者が、左官仕上げについて、迷ったり、困ったときにアドバイスをいただける受け入れ窓口になっていただいています。
左官の仕上げに迷ったら、ぜひ平成会にお気軽にご相談を、とのことです。

d0184166_14311576.jpg


原田氏はその平成会の会長であり、弱冠37才と非常に若く、次世代の左官職を活性化されるよう尽力されています。

当日は、漆喰の仕上がりのサンプル見せていただきながら、いろいろな話しもお聞きすることが出来ました。

d0184166_14314638.jpg


中でも原田さんの会社には女子の左官チームがいらっしゃる話しは、とても興味深く感じました。ある意味それだけ、左官職というものに、将来的な可能性を感じました。

平成会のホームページも充実していて、いろいろなイベントも告知されています。
原田左官工業のホームページも、楽しく、特に女性の左官チーム、harada-ladysの話題は必見です。

by 大戸浩(建築計画網・大系舎)