ラワンベニアの天井仕上げ

みんなの建材倶楽部メンバーの大戸です。

内外装材活用シートP148で、ラワン合板に、キシラデコールを拭き取り仕上げをした天井仕上げを、紹介しています。

ラワン合板は、型枠や下地材など、以前には使い捨て材のように、使用していましたが、現在では、南洋材の資源減少で、流通量が減ってきました。

しかし味のあるラワンを、仕上げ材として使うことは、昔からありました。
ラワンは、オイル拭き取りなども代表的な仕上げ方法ですが、ここではキシラデコールで染色して仕上げています。

最近キシラデコールは、油性だけでなく水性の製品が出てきて、内装での使用が推奨されています。
以前は内装でも油性を使っていましたが、今回は水性でチャレンジしてみました。

d0184166_2254593.jpg

d0184166_2255163.jpg


今回使用した色は、ピラー色。
これを、2回拭き取っています。

油性に比べ、当初は赤みが強く、心配しましたが、1ヶ月ほど時間が経過したら当初想定した程良い色に落ち着きました。



同様の仕上げを、別の住宅で使っています。
こちらは、住宅では、施主と試行錯誤して色決めをしました。
2つの住宅の、天井仕上げの色味の違いは、カメラの違いなのでご容赦ください。
実際には同じ色味です。
この時の工事の様子はこちらのページをご覧ください。

建築計画網・大系舎のホームページ

d0184166_16432849.jpg

d0184166_225953100.jpg


以上、ラワンベニアの天井仕上げの紹介でした。


by大戸浩(建築計画網・大系舎)