本物の漆喰壁を見よう

みんなの建材倶楽部メンバーの大戸です。

私は、床材と壁天井材の執筆を担当しました。
私が執筆時に特にこだわったのは、左官という湿式工法についてです。
大量生産の時代は、平準化された乾式工法が全盛の時代でしたが、現代は人間主体の湿式工法に再び注目が集まっていると思います。

詳しいことは、本を見ていただくとして、今日は漆喰壁の現物を見ることが出来るお店を紹介します。
漆喰は、日本古来の左官壁です。
先日、とある会合で、左官屋さん達と出会う機会がありました。
その時出会った河西栄さんという左官屋さんから、彼が塗った漆喰壁のお店を紹介され、見学に行ってきました。


d0184166_20382050.jpg

・柔らかな優しい漆喰壁です。

d0184166_20385388.jpg

・目を近づけると少しラフな鏝使い。

原宿にある自然素材の衣類や雑貨を扱う、「かぐれ」表参道店という、ナチュラルなテーストの雑貨やインテリア、服を扱うお店でした。


室内の壁は、漆喰に少しだけ緑系のグレーに近い色が入っているもので、全体として落ち着いたインテリアでした。近づいて見ると、漆喰壁の表情は、微妙に荒く仕上げた感じで、とても好感がもてました


d0184166_20392648.jpg

・床は三和土で仕上げてあります。店を見るだけでも楽しい。


見学の後から河西さんに聞いたのですが、壁はラスボードに、厚塗りの下地で、漆喰の色は土で付けているのだそうです。

特にこの仕上げを泥漆喰と呼ぶそうです。

一見は百聞に如かずです。東京近郊の方はぜひ足を運ばれることをお勧めします。



【かぐれ表参道】
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-25-12 MICO神宮前
Tel.03-5414-5737
営業時間:11:30〜20:00 定休日:不定休

かぐれのホームページへリンク

by大戸浩(建築計画網・大系舎)